五輪塔のかたちとは

  • HOME
  • 五輪塔のかたちとは

五輪塔のかたちとは何かをご説明いたします

五輪塔のかたちとは

五輪塔ときいてすぐに五輪塔のかたちを思い浮かべることができるでしょうか?五輪塔とは、四角や丸型の石が塔のように積み上げられており、それぞれの石があるものを表現しています。そのあるものとはインドの古い考えに基づくものであり、宇宙を構成するのは地・水・火・風・空の5つであり、これによって生きるものや世の中にある全てのものが構成されているとする考え方です。この五輪塔は成仏した人の姿を表現しているものだともいわれ、亡くなった人を成仏させるという意味合いをもっているのです。五輪塔のかたちを構成している一番下の四角形の部分が地輪、次の円形が水輪、三角形(屋根のような形)が火輪、半円形が風輪、そして一番上にある宝珠形が空輪とよばれます。それぞれの場所にそれぞれを意味する梵字を刻む場合がおおく、また宗派によってそれぞれの教えの根幹となる言葉を刻む場合もあります。この五輪塔は平安時代から使用されているといわれますが、その根底として仏教では塔を建立することはもっとも功徳の高いことだとする考え方があり、塔に似せた物を建てることによって徳を積んだとされます。一般的に使用されるようになったのは鎌倉時代以降であり、縦長の柱形のお墓は五輪塔が建てられるまでの仮の墓の姿だともいわれています。また現在では没後50年以上たった故人の供養塔として使われる傾向があります。

私たち専門家に相談してみませんか?0120-854-148

トップへ