お墓のデザインの種類

  • HOME
  • お墓のデザインの種類

お墓のデザインを紹介いたします

お墓のデザインの種類とは

意外にバラエティーにとんでいるお墓のデザインの種類ですが、一般的によくみられるものとしては、和風墓石、洋風墓石、デザイン墓石、五輪塔といったものがあります。 まずもっともよく見かけるのが和風墓石とよばれるもので、縦長の四角柱型のものです。江戸時代ごろから一般化したものであり、お墓というとこの和風墓石を思い浮かべるひとが多いでしょう。 またこれに対して洋風墓石といわれるのが横長でやや薄めの石がのった背の低いタイプのお墓です。近代的な印象があり、比較的安価ですむことなどから首都圏などで人気があります。 デザイン墓石とばれるものは、故人の好きだったものなどをデザインして作った彫刻物のようなお墓です。オリジナリティーに溢れ、個性を好む人に支持されます。存命中に自らザインを手掛け、作成依頼するひとも少なくありません。 五輪塔というのはこれらのなかで一番歴史の古いタイプです。インドが発祥であるといわれ、平安時代から使用されているデザインです。インドの仏陀の遺骨がおさめられているストゥーパが元となっているといわれ、丸や四角の五つのパーツを積み上げた塔のような形をしています。その時代時代によって多少の形の変化がありますが、今もなお日本全国でよくみかけられる形です。

私たち専門家に相談してみませんか?0120-854-148

トップへ