五輪塔の歴史

  • HOME
  • 五輪塔の歴史

五輪塔の歴史を紹介します

五輪塔の歴史とは

墓地に行くと必ず目にするものに、五輪塔があります。その歴史は古く、平安時代末期から建立されています。そのことからも分かるように日本人に長く親しまれてきました。 五輪塔の歴史は先ほども述べたように平安時代末期から続くものですが、その背景には五大思想というインド発祥の思想が強く反映されています。この思想は日本にも伝えられて、空海が興した真言宗によって広められることになったのです。 五大思想では、この世の中のすべてのものは地・水・火・風・空の五つの要素で構成されていると言われています。このことは人間も同様で、死とともに地・水・火・風・空という五つの構成要素に帰っていくことになります。 仏教には即身成仏という言葉がありますが、その意味するところは生きながら仏になるということです。真言宗の中興の祖である覚鑁上人は、五輪塔の形は即身成仏となった人間の姿としました。五輪塔を建てることで亡くなった人の供養となり、また供養をすることで功徳を得られることになります。 功徳を得た人はやがて仏様に導かれて極楽浄土へと向かうことができます。そのため、人々は特別な修行をしなくても極楽浄土へ導かれることが出来るように、五輪塔を建立して先祖の供養を続けてきたのです。

私たち専門家に相談してみませんか?0120-854-148

トップへ